脱皮する家/鞍掛純一・日本大学芸術学部彫刻コース有志(大地の芸術祭・パノラマ)2009年08月25日 08:35

 大地の芸術祭2009を360°パノラマVRで紹介してます。こちらは「脱皮する家」。
 床・柱・梁・壁などがすべて彫刻されている民家。床に上がる足裏がとても気持ちいい感じです。次々と訪れる見物客の合間をみての撮影は大変。2回転撮影し人物が消えた(左右に移動)カットのみを選びステッチ仕上げしています。
 脱皮する家サイトでは2004年の構想から長期にわたる活動内容を知ることが出来ますよ。次回は同制作チームの別作品「コロッケハウス」をご紹介しましょう。

【時間の流れや時代の移りかわりによって、抜け殻になってしまった家。家全体を彫ることで、内側に内包された空間を広げ、空家をアートとして脱皮・再生させた作品。 】
In 2006 they made “Shedding House” by intensely shaving away the surfaces of walls and pillars in an empty house with a chisel. You can also stay overnight at this house, which is also known after it’s old trading name of “Tofuya.” This time a building very close to the previous work has been thermal sprayed in contrast to ‘shaving away’ in the previous work, this time the technique is to ‘wrap up.’ Metal is attached to the house so it resembles a croquette covered in deep fried batter. Depending on timing, you may even be able to eat some hot croquettes fresh from Toge Village!

Canon30D+Sigma8mm
PTGui Pro 8.2.1 + Pano2VR + Photoshop CS4

この記事のFullscreenパノラマ画像→Shedding House

コメント

トラックバック