スペースジョッキー (H.R.Giger's Space Jockey)2011年07月03日 00:31

 H.R.ギーガーのスペースジョッキーです。好き嫌いがありそうですね(笑)。フィギュアなのでオブジェクトVRに仕上げようかとも思ったのですが、背景の切り抜き処理が厄介になりそうなのでCubicVRに変更。
 スペースジョッキーの背景が難しい。どのようになってるのかなぁ…あちこちネットで調べ雰囲気づくりに苦戦。3D系のソフトは一切持ち合わせていないのでPhotoshop一本勝負。これじゃオブジェクトVRの方が楽だったかもね…。大きさを強調するため宇宙服の人物を配置する予定でしたが面倒+疲れでヤメ。ちょいと雑な仕上げになりましたがご容赦のほど。
 リドリー・スコット監督による「エイリアン5」の公開も楽しみ。


フィギュアは小型、視点を低く深度を稼ぐためコンデジを使用。
Canon PowerShotG9+Nikon FC-E8

この記事の360°パノラマVR画像→Space Jockey
Japanos FullscreenVR Gallery→
VRパノラマギャラリー

コメント

_ 観天望気 ― 2011年07月28日 18:57

初めまして
ごく最近、パノラマ写真の世界が面白いことを知った
五十路の私です。
で、まずはNIKONの10.5mmを買って、、、
パノラマ雲台も買って、、、
でも、燧ケ岳の山頂には三脚や雲台は持って行けるだけの
体力がないから、、、手持ちでの撮影のスキルも習得しないと、、、
そんな時、ここを訪れて、、、ますます興味がわきました。
まだまだ未知の世界があるんだなぁ。
パノラマ初心者ですが、、、いろいろ質問したりもしちゃいますので、
宜しくお願いいたします。

_ kaneko ― 2011年07月30日 22:54

観天望気さん

パノラマおおいに楽しんで下さい。

_ 観天望気 ― 2011年07月31日 02:40

お今晩ちわ! 早速の質問ですが、、、
慣れてくると1つのQTVRを作成するに要する時間はどの位なのでしょうか?

当方の場合、マフロットのパン雲台で撮ってHugin Ver2011.2で
AUTOでステッチャーしても、、、つながらないんです。

最適化後の誤差 平均1.7ピクセル 最大5.3ピクセル
うまく合わさりました、、、って、出るんですけど、、、???

近場のコントロールポイントを削除したり、電柱に垂直の補正を
入れたりすると良いよ!との情報もあるのですが、、、
何しろ理解して実行するのに時間がかかってます。

慣れると、どのくらいで出来るようになるのでしょうか。
出来れば貴殿のブログで紹介しているものを例にして
教えていただければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

_ kaneko ― 2011年07月31日 09:59

観天望気さん

パノラマVRの作成時間は撮影条件によって極端に違います。例えば、最近撮った「大野亀・トビシマカンゾウ」ですとポール撮影しているので 底面の修正を含めて15分程度で完成しています。ポール撮影は全体が遠景となるのでステッチが素早いですね。

厄介なのは接近撮影。私の場合ステッチ(PTgui)は適当にしておき、6面キューブに展開したPhotoshop上で修正しています。この作業時間は1~2時間かかる場合もあります。

皆さん、いろんな方の編集手法があるようですが、私の場合
荒ステッチ→6面キューブに展開→Photoshop修正
という行程です。
ステッチソフトでは完璧を望まず、修正しやすいところで止めておきます。

参考にならないでしょ(笑)
そうそう、ステッチソフトは早めにPTguiに移行された方がいいと思います。

_ 観天望気 ― 2011年08月01日 00:39

トビシマカンゾウ、、、感動しました。
私も、、、尾瀬ヶ原でニッコウキスゲをポール撮影したいって思うほどです。
2005年の尾瀬のニッコウキスゲはそりゃもう本当に見事だったんです!

接近撮影の作成する手間の大変さや完成後の見たときの感動って
想像できる気がしています。
カタクリって、可愛いですからねぇ。

パノラマVRを知ってから私の最初の目的は、尾瀬の至仏山の頂上から、、、
ポール撮影で、鳥さん目線での360度ワールドを見てみたい!
というものなんです。

そんな将来のことも気になるけど、、、以前北海道で撮った写真を
2枚を1つのパノラマにすると、、、面白いなぁ、、、、
すいません、、、いきなりパノラマワールドに入って、ちょっと
パニクッテル私なんです。

いやー、色々な楽しみ方があるんだなぁ。
問題は、次に何をやるべきか! って、ことになるけど
こればかりは自分で決めるしかありません。

でも、新潟や福島の風水害の状況を見るとちょっと撮影に行くより
そこで出会ったことのある方が心配な私なんです。

_ 観天望気 ― 2011年08月16日 20:27

お世話になっております。 観天望気です。

お勧めのあlりましたPTGuiのお試し版をインプットしてみて、
試行してみました。

その完成度の高さに驚いています。 早速、購入することにして、
申し込みをおこないました。

節点の重要性も理解できたので、それなりの機材も取り揃え
つつあります。

とはいえ、新品を買う余裕はないので、中古の品をオークションで

購入しています。

秋の紅葉の季節には、満足できるようなQTVRが作れるように
なりたいと思っています。
はたして、どうなりますことやら?

_ kaneko ― 2011年08月17日 17:50

観天望気さん
私もQTVRは古~い機材で 楽しんでますよ。
尾瀬の紅葉VR、楽しみですね。

_ 観天望気 ― 2011年09月03日 04:59

お世話になっております。 観天望気です。

PTGuiによるQTVRの作り方がやっと理解できました。

流石にパノラマ雲台で撮ると水平がバッチリ決まります。

手持ちだと修正が必要ですが、水平を補正するスキルも
習得することができました。

あとは、、、ストックを改造して、、、一脚もどきにして、、
尾瀬の紅葉を待つ段階となりました。

少しの加工でかなり綺麗な画像処理をしてくれる
PTGuiのすごさに日々驚きの連続でした。

いろいろ教えていただき、ありがとうございました。
これからも宜しくお願いいたします。   敬具

_ kaneko ― 2011年09月03日 19:49

観天望気 さま

>手持ちだと修正が必要ですが、水平を補正するスキルも習得することができました。

そうですか^^
私も、手持ち撮影ではPTguiのPanorama Editer画面をドラッグしながら水平調整をしています。

紅葉楽しみですね。

トラックバック