ポール撮影2011年05月02日 16:07



 ブラジル在住AYRTON氏のポールパノラマ撮影風景です。嬉しいことに撮影のスピードや適当な天地の撮影方法は私と同じでした(作品レベルは別 ^^;)。スナップ撮影ですから早く撮るのは当たり前ですよね、いちち水準器なんか見ながらていねいに撮る必要などまったくありません。

動画に近い場所でポール撮影したVRはこちらです。
http://ayrton.com/360/fs/pages/ancar_sdt6fla.html

 いつも感じる事ですが、浮遊感のあるパノラマVR撮影では2mチョイの高さで撮影した方が現場の状況を的確に表現できると思うんですよ。AYRTON氏の例で路上のテーブル配置など低いアングルで撮るとわかりにくいですからね。それに《ここがポイントなんですが》2mチョイの視点ではほとんど通常視点と同じ感覚で、高さに対する違和感はありません。見る人は気づかないほどですね。
 ぜひ皆さんもポール撮影とまではいかなくても、両手を高く上げたくらいまで三脚を伸ばしたパノラマ撮影を試してくださいね。パノラマの絵柄がかなり違ってきますよ。そう、天地の撮影なんか上の動画のように適当でいいんですから…。

春の山里 紅二点2011年05月05日 22:11


 春の山里をスケッチに小佐渡方面に出かけました。上の写真は一本の紅葉の木、そして花桃です。Canon G9で撮影。ちょっと型にはまった写真になりましたね。
 さて、一枚目の春の野に目立ちたがり屋の紅葉木ですが、無性にパノラマが撮りたくなり、棚田づたいにあぜや土手をかなりの距離歩いてVRを撮ってきました。近づいてみてとガッカリする場合も多々ありますよね。さて、今回はどっちっでしょう?(笑)次回、他の棚田のパノラマVRと共にUPします。

佐渡・岩首の棚田2011年05月07日 00:10



 さて前回のつづき棚田のパノラマVR、場所は岩首です。運良く狙いの場所で田植えシーンに出会えました。お願いし側で数点撮らせていただきました。
 紅葉の木はご覧の通り。こちらもなかなかの景観ですね、パノラマVRも掲載します。

この記事の360°パノラマVR画像→Iwakubi RiceField
この記事の360°パノラマVR画像→Iwakubi RiceField 2

Japanos FullscreenVR Gallery→
VRパノラマギャラリー

カタクリのオアシス2011年05月07日 09:53


 カタクリを撮りに今度は大佐渡に向かいました。大佐渡スカイライン沿いの林の中はピンク一色。その中にブルーのアクセント色でルリイチゲも咲いています。
 林道の渓谷を見下げるとひときわ目立つカタクリを見つけました(写真3中央)。これはパノラマVRに撮らなくてはなりませんね~~: 長靴に履きかえ、急な谷を降り川をさかのぼり何とか目標に到達。カタクリたちは川の中央の瀬みたいなところにオアシスを見つけていました。新緑に包まれ雪解け川の音を聞きながら…居心地よさそうな場所です。
 さて一息入れた後、Manhrottoのミニ三脚をベストアングルに設置(写真4)。
カタクリのパノラマVRは次回UPします。

カタクリのパノラマVR2011年05月08日 01:02

 前回のお話のつづき。川の瀬にオアシスを見つけたカタクリのパノラマVRです。今年の豪雪で折れた木や残雪がまだありますね。水嵩も昨年より多いようです。ともあれ谷に降りたおかげで空気感のある360度パノラマらしいVRが撮れたような気がします。


この記事の360°パノラマVR画像→Trout Lily (Sado Island)
Japanos FullscreenVR Gallery→
VRパノラマギャラリー

花は越後の雪椿2011年05月10日 01:07

 花は越後の…花は越後の雪椿♪ 小林幸子さんも唄ってる雪国・新潟の県木「雪椿」です。雪の多い地帯に野生し積雪の重みで枝が横に這うのが特徴。毎年杉池の周辺で見ることができます。
 池の急な斜面に咲く雪椿を撮るため、ポールを水平に伸ばし回転撮影。荷のかかったポールを支えた状態での回転撮影となるため、軸が乱れステッチには少々苦労します。
 花のパノラマが続いてしまいましたね。この辺で春の花シリーズは終了します。

この記事の360°パノラマVR画像→Yukitsubaki
Japanos FullscreenVR Gallery→
VRパノラマギャラリー

岩首の棚田2011年05月18日 23:38

 岩首棚田の沖合から朝日が昇るという話を聞いてしまい早朝3時起きとなった次第です。
 張り切ってカメラを2台用意。満月の明かりの中、約1時間かけて現場に到着しました。一台はインターバル撮影用にワイドを装着(PSで動画に変換)、あとの一台はAutopanoでステッチというもくろみで分割撮影用の中望遠をセットしています。趣味の撮影とならば早朝3時でもルンルンで出かけちゃいますね(笑)。
 天気予報的中で雲一つない夜明けとなり、噂どおり海からの日の出を参拝することができました。撮影した中から二点ほどUP。分割撮影はコチラ、EV+-5段はコチラに。

Omer Calev氏のパノラマ2011年05月19日 15:35

 Omer Calev氏(イスラエル)の報道パノラマを見ちゃうと、他の多くのパノラマは霞んでしまいますね。計算された撮影アングル(多少の演出も許容範囲です)、色調、そして突き刺さるようなリアリティ…どうしたらこのような被写体との空気感がつくれるのでしょう…。
 私の最も尊敬するパノラマフォトグラファーの一人です。

Omer Calev 360°Photography
Profile

三年ぶりの山桜2011年05月21日 17:54

 妙見キャンプ場の山桜です。三年ぶりの満開を霧の中で撮ることが出来ました。この桜は雪解け時季の天候や外気温にとても敏感で毎年満開とはなってくれません。また山頂にあるため開花時期をチェックするのも大変です。

(下写真)この日キャンプ場を訪れた多くのカメラマンは、霧に包まれ淡い日本画のように浮き立つ桜木をとらえることが出来たようです。霧の晴れ間にポールVR撮影も試みたのですがパッとしないのでボツ。

■この記事のパノラマ写真→妙見キャンプ場の山桜

「佐渡島パノラマ観光」というサイト2011年05月26日 13:42

 「佐渡島パノラマ観光」というサイトを新設してみました。ターゲットはパノラマVRにほとんど関心の無い方!です。単にEquirectangularを書き出した画像のサイトですが、開設してみると一般の方(言い方変かな?)やスチール写真の方にかなり反応が出てきました。
 各観光地や行事などを絵葉書的なパノラマで掲載し、低迷する佐渡観光に少しでもお役に立ちたい…というのが目標です。各タイトルも検索ロボにキャッチされやすい単語を使っています。VRなどへのリンクは一切無し。
 まっ元々QuickTimeVRを始めたのも佐渡観光サイト設立が目的だったのでこんなサイトもありかナ?てな感じ。軽くていいんじゃないかなぁ、、撮影意図のはっきりしないVRをカウントバーの終えるのを待って見るのは辛いはずです、一般の方には。

■この記事のサイト→佐渡パノラマ観光