インターバル撮影で動画2009年10月21日 20:52



 雲や夕日の流れをデジタルカメラでインターバル撮影し、動画にしてみました。ビデオ作品のインサートで”時間の流れ”や”季節の流れ”を表現するのに都合の良い手法です。
 撮影はCanon30DにTC-80N3を接続し2~3秒間隔のターマーセットで20 ~30分位撮影します。もちろん露出・フォーカスはロックです。20 ~30分の撮影でも大変な枚数を撮ってしまう訳で(600~900枚くらい)フラッシュメモリーも容量の確保が必要です。あとはPhotoshopやAfterEffectsなどで動画に変換。パラパラ漫画って感じかな。
 例として2秒間隔で30分間インターバル撮影すると、撮影枚数は900枚、動画再生で30秒となります。上の動画6シーン(それぞれ一部)の内4シーンを制作中のビデオ内に尺を縮めて取り込みました。偶然でしたがラストの夕日の動画には旅客機の飛行機雲が入ってますね。
 ビデオはSEやBGMを終えあとはナレーションのみ。今月末の納品です。パノラVR撮影をご無沙汰してたので再会したいと思っています。

コメント

トラックバック