Sigma8mm VS Sigma15mm2007年03月05日 17:41

 Sigma15mmのテスト撮影に梅を選んでみました。常日頃使用しているsigma8mmとの画質の違いも興味があり、比較も試みました。こちらはVR作家の皆さんには感心があるところでしょう。
 最初はSigma8mmで水平4ショット+天と地の角1助ショット。次にSigma8mmで水平8ショット+天と地の角1助ショット。そしてSigma15mmで水平8ショット+45°仰角8ショット+俯角45°8ショット+天と地の各1補助ショットのテストです。
 今回の15mm撮影では、 山道氏からの頂いたマルチロウ・アングル”5号機”を初めて使用させていただきました。大変強固な作りでとても機能的に出来ています。ありがとうございました。
 Canon10D(旧機で申し訳ない)で撮影しDxOOpticsProでRAW現像、Stitcher Unlimitedでオートステッチ処理、そしてPhotoshop CS2で色調等を同じ条件で処理しています。
 通常一脚で水平4ショットで撮影している私としては、異例の撮影?…それとも高画質の世界に入り込んでしまう前兆でしょうか(笑)。それにしても15mmで24枚の撮影(枚数多い)は、気象条件を考慮すると屋内に限った方が賢明かもしれませんね。急いでも撮ってもかなり時間は経過しますから。
 実験のリポートは、このブログでは手狭ですので、恐縮ですが、QTVRパノラマ実験工房までお移りください。

QTVR パノラマ実験工房 Sigma 8mm VS Sigma 15mm



コメント

_ にのみや@QTVR Diary ― 2007年03月05日 20:35

興味深いレポート、お疲れさまでした。
ひとことだけ。SIGMA15mmの撮影枚数、多くないですか?
キスデジN+SIGMA15mmのセットで去年1年間撮り続けてきましたが、仰角30°×8枚+俯角-30°×8枚+天面90°×1枚(+底面-90°×1枚)の計17枚(or18枚)でボクは済んでました。FOVの計算は、いつも大助かりの「fovCalculator」(PTMacでお馴染みKekusのフリーウェア)です。
それにしてもSIGMA15mm(というか対角魚眼レンズでの撮影データ)のイイところは、写真をまるまる全部スティッチに使えることでしょうね。8mm円周魚眼レンズ撮影データは、どうしても円周付近のデータは削らなければなりませんしね(Pelengなんて使えないとこ多過ぎ!(号泣))。

光がある程度一定に保たれている博物館などの閉所空間や夜間屋外撮影なんかは、15mmのF2.8が威力を発揮するとことでしょう。
被写体が動こうものなら途端にダメダメになってしまう15mmですが、動かない被写体で解像度が要求される印刷メディアになら、15mmの表現力は捨て難いです...が、Canon15mm対角魚眼はもっと良いらしいです。最近、SIGMA8mmよりそっちの方が欲しかったりして<ヲレ

_ 山道正男 ― 2007年03月05日 21:39

kaneko-adさん、梅が綺麗です。今年は梅の観賞どころでは有りませんでした。工作もストップ。5号機のダブルクイックシューも試してみましたか。シュー2つの間隔をもっと離しておくべきだったですかね。

_ kaneko-ad ― 2007年03月05日 21:49

>SIGMA15mmの撮影枚数、多くないですか?
にのみやさん、こんばんわ。
確かに最初からカメラを上下に傾斜して撮影すれば、少ない枚数でカバー出来るのは承知してるのですが…性格でしょうね(笑)。水平-15°の撮影方法も性格的に嫌いですわ。A型です。

_ kaneko-ad ― 2007年03月05日 22:50

山道さん、こんばんわ。
>シュー2つの間隔をもっと離しておくべきだったですかね。
持ち運びには現状が便利みたいです。現在三脚を中判カメラで使用してたジッツオにしてるのですが、いやー重いですね、マルチロウ撮影は(笑)。
でも、しっかり撮影して、ステッチャーのオート処理に慣れてくると、一脚や手持ち撮影の後処理が苦痛に思えてきますね。

_ shikano ― 2007年03月06日 02:27

大変参考になります。
8mmの4or8?、についてはCubicFaceでわかる違いほどVRではそんなに差がないなあ、と感じました。っていうか、4ショットでもかなり質が高いと思います。
枚数が多い方が「いいとこどり」の理屈で解像感が良くなるとは思いますが、その分いろんな手間も増えますからねえ。最近は色調や明暗などの調子もすごく気になっていろいろといじったりしてるし。
そんなわけで、ぼくは今のところsigma8のときは一脚4枚撮り、三脚を使うときはnikon10.5の水平-15の6+上下が基本になっています。ちなみにぼくもA型で-15には相当抵抗感があるのですが、これも修行だと思ってやっています。
ちなみに、stitcherのレンダリング設定も教えていただけると助かります。

_ shikano ― 2007年03月06日 02:30

すみません、それともうひとつ。
フォトショでシャープはかけていますか?
もしかけているなら、何をどの程度かけているか教えていただけますか?

_ まえだんご ― 2007年03月06日 06:58

テストお疲れ様でした。
B型の私はめんどくさいので-15度撮影するのですが、時々忘れて0度になっていたりまします。おおむね足下にものがいっぱいある室内は-15度、高いビル等がない屋外は0度にしています。
ものすごい遠い将来の話ですが、もし8mmを手に入れたら、20Dと水平4カットで高所撮影やお祭りなどにチャレンジしてみたいです。コマ数の少ない撮影にあこがれます。
あと、シャープネスは、私の場合、撮影の時もPhotoshop処理も全くかけません。いろいろテストしてみましたがぎらぎら感があまり好きではないので。

_ kaneko-ad ― 2007年03月06日 12:34

しかのさん、こんにちは。
>最近は色調や明暗などの調子もすごく気になって…
画像のphotoshopによる仕上げですが、私も一番重要視してるところです。
私の考え方ですが、女性の”お化粧”と考えています。(詳細は省きますが想像がつくと思います。)
■ファンデーション…レベル補正
■リップ…彩度調整
■ブロウ…アンシャープマスク
私の場合、この”三種の神器”がポイントと考えます。
アンシャープの数値についてお尋ねですが、常に一定の数値ではありません。
sigma8mmの場合は少々強くかけています。sigma15mmの場合はほんの僅かで効果があると思います。
今回の実験では共通のデータにしたかった為、sigma15mmにもsigma8mmと同数値のアンシャープをかけています(キツかったですね)。
、、で、参考までにしかのさんの「 VR現場日記/2007年3月2日」のVRを私流に調整してみました。メールでお送りしましたので、ご覧ください。但し、あくまでも色調や画質は好みです。
調整箇所は…
■ファンデーション…レベル補正
黒のしまりとハイライトの強調(画像のヌケを良くする)
■リップ…彩度調整
夕時の赤みを対比強調するため、ブルーを強調
■ブロウ…アンシャープマスク
眉をキリッ!と、ひきしめる(意味分かりますか?)
これが、私流の調整方法です。参考になる部分があれば幸せです(画像の無断使用/お許しください)

_ kaneko-ad ― 2007年03月06日 13:08

まえだんごさん、こんにちは。
>シャープネスは、私の場合、撮影の時もPhotoshop処理も全くかけません。いろいろテストしてみましたがぎらぎら感があまり好きではないので。

アンシャープマスクのギラギラ感ですが、確かにスクロール時に発生しますね。かけすぎると今回のSigma15mm実験のようにせっっかくのヌルッとした質感まで失われてしまいます。
最近になって事務所のモニターを20インチW(液晶)にして気がついたのですが、こちらのモニターでのFullscreenでは、さほどギラギラ感が発生しません。自宅の17インチ液晶では大量発生です。更に以前使ってたブラウン管17インチモニターでは全く発生しません。(これで適度にアンシャープをかけ、後に液晶でみてひっくり返った事があります)。
液晶のモニターサイズや性能にもギラギラ感は左右されるようです。

_ kaneko-ad ― 2007年03月06日 13:58

補足.....................................................................................
■リップ…彩度調整
ワンポイントの色調です。
これは、主なる色彩を引き立てるため周辺の色を強調するテクニックです。
しかのさんの工事現場の夕焼け色では空のブルーを強調。
私の梅ではピンクを引き立てるため、地面のグリーンを強調。(完成版Fullscreen)
あくまでも主役の色を強調するのではありません。(時として主役の色を強調する場合もありますが…)

_ shikano ― 2007年03月06日 18:10

ていねいな説明をありがとうございました。
(勢いでノウハウ的なことを尋ねてしまって少し反省もしています)

いままで、理解しているようで、実は良く分かってないようなことを整理して説明していただいたようです。大変参考になりました。

_ keiji ― 2007年03月07日 21:01

こりゃーとっても参考になりましたヨ。
お疲れさまでございました。
あと、よろしければ、8mmと15mmのおしぼりなんかいかほどでしょ。15mmのボケ具合なんか気になるなぁ。。。

_ kaneko-ad ― 2007年03月07日 21:26

keijiさん、こんばんわ
>8mmと15mmのおしぼりなんかいかほどでしょ
えーーと、、、、(CompactFlashの原画を探してる、、)
sigma8mm
ISO 100, 1/100s. f10, ∞
sigma15mm
ISO 100, 1/200s. f8, 1m

15mmは1m位の距離にした記憶が…あやしい。
それにしても15mmのdepth of fieldは浅いようです。

_ sizu ― 2007年03月08日 01:27

とても貴重な実験お疲れさまでした。これほど見て解像度が違うとは思ってませんでした。photoshopなどでの仕上げの腕もあるでしょうし、やっぱり解像度の高いほうが見ていて気持ちいいですね。私もsigma8mmの4shotと8shotの違いがあまりよく分かりませんでした…。

_ kaneko-ad ― 2007年03月08日 09:04

sizauさん、おはようございます。
>私もsigma8mmの4shotと8shotの違いがあまりよく分かりませんでした…。
たぶん、私の被写体選択ミスです、テストとしては…。
こんなにゴチャゴチャした梅枝では、判りづらいと思いました(反省)。
この前に掲示した博物館は8面撮影ですが、明確に4面との”質感の差”はあると思いましたね。
そう、、、4と8では輪郭線はアンシャープなどで類似表現出来ても、質感の差はでるのかな。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック